PS3・DS・ファミコン・オンラインゲーム・アプリなどテレビゲームの攻略・商品紹介をしていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真・北斗無双
6191+3ZmvyL__SL560_.jpg

新しく“天帝編”“修羅の国編”が追加され楽しむことができます! 
今回は原作ストーリーモード“伝説編”に加えて、オリジナルストーリーモード“幻闘編”も大幅にボリュームアップした。 
さらに、新たなキャラクターを加えてプレイアブルキャラクターや、より進化したアクションシステム、“幻闘編”のオンライン協力・対戦プレイなども追加され楽しめる内容となっている。

【amazonレビュー】
☆爽快感アップ
前作と比べて格段に爽快感がアップしてます。
三国無双に近い感じでしょうか。

今回、ストーリーを丁寧に追ってくれています。
とても懐かしく思いながらプレイしてます。

前作はプレイ可能なキャラが少なかったんですが、
今作はキャラ数が大きく増えてます。
ボリュームも増えてます。

前作と比べて個人的にマイナスなのは、初めからキャラの技がそろっているために、
技を増やしてキャラを強くしているという実感が薄い点でしょうか。
そのかわり、初めからかなり爽快感がありますが。

マイナスの点はありますが、完全版と言っていい出来だと思います。

☆これだよっ!これ!
真北斗無双!おもしれー!システムや操作性、グラフィックはゲマーとまではいかないので良くわかりません。でも、リアル北斗世代の30半ば過ぎたおやじにとってほぼ完璧な北斗の拳ゲームです。小学校のころファミコンの北斗の拳を遊んでからはや26年…まさに子供のころに夢見てた北斗の拳ゲーム!なんて言えば良いかわかりませんが同じ世代の方ならこの感動はわかるはず!これをまってたよ!

◆アマゾン新着ゲーム

1788c2d5.jpg 05_05_ZB071_021.jpg
WS002258.jpg 276651.jpg

youtubeでのプレイ動画

真・北斗無双攻略サイト


スポンサーサイト
スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園
c20120611_dangan_001_cs1w1_300x.jpg
発売日 2012年7月26日

『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』は、リゾート地として有名な南の島“ジャバウォック島”で物語が展開する。

■ジャバウォック島を縦横無尽に駆ける島内生活&捜査パート
島内での自由時間には、気になる生徒たちと交流を深められる。一緒に過ごしながらプレゼントを渡すことで親密度がアップし、そのキャラクターの隠された一面を知ることができる。

殺人事件が起こると捜査パートに突入。ここでは、聞き込みをしたり物を調べたりしながら事件の手がかりを集めていく。捜査を進めると、事件解決のヒントとなる“言弾(コトダマ)”を手に入れられる。このコトダマは、後に行われる学級裁判で証拠や証言として使用することができる。

■学級裁判パート 
証拠や証言を集めたら、いよいよ“学級裁判”がスタート。このパートでは、生き残っている生徒たちと事件に関する議論を行いながら犯人を推理し、真相の解明を目指す。

基本となるシステムは、生徒の発言の中からウソや間違いを見つけ出し、捜査で集めたコトダマを使って論破する“ノンストップ議論”。この他、生徒の反論を次々と斬って破壊する“反論ショーダウン”や、重要なキーワードをパズルゲームのように組み合わせていく“閃きアナグラム(改)”など、ユニークなシステムが多数用意されている。

【amazonレビュー】
☆後半の追い上げが半端ない
正直、序盤は物足りなさを感じていました。

閉塞感がない無人島だからか、前回ほどの絶望感が味わえなくて少しがっかり。
面白くはあるけど前作には劣るかな、という感じでプレイしていました。

ですが後半から一気に謎と絶望と恐怖が押し寄せてきて、足元が崩れるような感覚を味わうことに。
5章の真相なんか「その発想はなかった」状態で、推理物の醍醐味を味わえました。
これぞダンガンロンパ!

序盤の違和感も伏線回収した後はむしろ納得!
クリア後特典や前作の伏線回収も合わさって、期待以上の面白さを味わえました。

前作をプレイした方は絶対やるべきです。
おまけの小説も笑えましたし。

☆個性派ADVから超個性派ADVへ
ボリューム、世界観、ゲームシステム。
どれをとってもパワーアップしている。
やりこみ要素がないという前回の欠点を補って余りあるおまけモードの豊富さ。

キャラが変わったからなー、と心配していたけれど、
始めて数時間で、すぐに新しいキャラが好きになった。
それくらいキャラが魅力的。
さすがに前作を超えるのは難しいかなと思っていましたが、
私の個人的な感想では前作を超えていると思います。
ここまで期待値が高かった続編モノでここまでの物を作り上げるのは、
相当大変だったはず…
制作者のみなさんに拍手を送りたいと思います。
各誌のレビューが軒並み高得点を付ける理由がわかります。

◆アマゾン新着ゲーム

267767.jpg 263449.jpg
51Wvgx6M91L.jpg 5uyku.jpg

youtubeでのプレイ動画

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園攻略サイト

機装猟兵ガンハウンドEX
c20120824_gunhound_01_cs1w1_300x.jpg
発売日 2013年1月31日

90年代によくプレイされた2Dを忠実に再現しています!
ロボのあらゆる動きや、変形シーンなどロボマニア必見の遊びどころ満載!
2Dロボアクションゲーム「機装猟兵ガンハウンドEX」登場!


【amazonレビュー】
☆あまりよろしくはないですが…
ヴァルケン、レイノス2、ガンハザードなどの横スクロールロボットアクションの影響が色濃く出てる作品。
ジャンルとしては好みですので応援の意味で甘く評価しますが、過去の名作と比較すると見劣りする内容。

自機の運動性能がよくなく、特にジャンプからの飛行があまり役に立たない調整になっているので
ゲームバランスを考慮するとどうしても敵や攻撃の密度が低くなり、結果退屈な内容になってしまってます。
影響された作品のようなロボットの重厚な挙動感が好きでこういったゲームデザインにしたと思われますが、それに見合う敵セットの調整が
なされていない感じ。
また敵やステージ構成のアイデア、自機まわりのシステムやメカデザイン、登場キャラクターも凡庸で全体的に魅力が感じられません。
作り手の、昔のこういうゲームが好きだから作ったという愛情や熱意は感じられますが、過去作の何一つも超えられていないのも否定できません。

この作品自体の評価は厳しいものになってしまいますが、ジャンルや題材としてはとても好きなタイプなので次回以降があれば期待したいです。

余談ですが、操作形態としては
Rでジャンプ、4ボタンで4つの武器、レバー下+ジャンプで地上ダッシュ
としたほうが操作しやすかったのではないでしょうか。

☆もっとボリュームを…
過去にSFC版のヴァルケンのみプレイしました。
昨今の素材がプラスチックかと言えるような軽快な動きをするロボゲーが多い中、こちらは機体の挙動がずっしりしていてこれぞロボと言えます。
これをもっさりしていてイライラするという感想もあるかと思いますがそこは人それぞれでしょう。

初見でクリアできる場所(ボス)もありますが、基本は何度も死にながらパターンを覚えてクリアするタイプのゲームです。
ただミッション数が少ない上に1ミッション自体も短く「え、これで終わり?」と感じてしまうほどあっという間に終わってしまうのが難点。
そのせいで武器アンロックのスコア稼ぎの為に同じステージを何度もクリアする事になります。(ステージ中の演出はスキップできません)

ヴァルケンはもっとボリュームがあったと思いますが、なにせ20年も前なので当時やり込んだにも関わらずエンディングしか覚えていません。
フルプライスでこの内容だったなら不満の方が大きいですが、まぁ値段相応なのかな。
正直な所、声優を使うコストを開発(ボリューム)に回して欲しかった……
それでもヴァルケンや自分は未プレイですがレイノス等が好きな人は買って損は無いと思いますが、ゲームは一度クリアするだけで満足という人はボリュームの無さにこの値段ですら不満を覚えるかもしれません。

最後に自分はDL版を購入しましたが、読み込みは普通で早くも遅くもないです。
従ってUMD版だと読み込みは少し遅い可能性があります。

c20121227_gunhound_02_cs1w1_480x272.jpg 37150a66.jpg
3fb9e75a.jpg fcdca67f.jpg

youtubeでのプレイ動画

機装猟兵ガンハウンドEX攻略サイト

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
Metal Gear Solid Peace Walkerrgtd
発売日 2010年4月29日

今回は“CO-OPS”(協力プレイ)のシステムが加わっています。
従来の様に1人でミッションを楽しめるのはもちろんですが、
仲間との協力により、潜入方法もクリアの方法も選択肢広がり、
よりスリル感も楽しさもより深まります。

一人でゲームを進めたい人もみんなでミッションをしたい人も楽しめる内容になっています!


【amazonレビュー】
☆潜入万歳!!ファン大歓迎だが初心者には…
自分のスタイルを選べ、途中挿入されるデモ操作、
気球で兵士を回収など、良い意味でマニアック。

最初は、この人、FOXHOUNDにいたっけ?
これってあの作品からの伏線?
など、MSXからやってる自分でも記憶をたどりながら理解。
専門用語など過去の作品の事にも触れてます。
ただし、今のところ「置いていかれた」感覚は無い程度の登場。

特に今回は2部構成になっていて、
ミッションをこなして、スネークイーター作戦突入になるので、
良い意味で出し惜しみしているのか、正直全貌が見えません。

容量もギリギリと言ってたので、
動画は鉄拳などに比べると、
やや解像度が気になりました。
まぁゲーム性を求めての圧縮だとしたら、
十分受け入れられる程度ですが。
(プレイ中のモデルは結構ローポリ)

また、やりこみ要素は主にクリア後なのか、
ミッションを受けるマザーベースでは、
回収した兵士の度合いで武器開発やら兵士強化など出来ますが、
まだ未知数な部分が多いです。

また、最大6人での協力プレイでは、
ライフを共用し、仲間が死ぬと蘇生措置も可能。
会話は定型分から選択でレスポンスは早く、
協力プレイ専用のアイテムや、3vs3のデスマッチなど、
新要素ばかりで何から始めれば良いか迷います。笑。

とは言え、
最初はストーリーを進めるので手一杯なので、
全貌が明らかになってからの購入でも悪くないかも。

基本はメタルギア好き仕様でしょう。
経験者への手応えは十分。

アサシンやモンハンのEXTRAミッションは、
ファンでない人への救済措置。
それ目的で買うなら、プレイはちょっと先なので、、
テンションが続くかどうか…。

それにしてもボイス全般が良い。
移動中も適度にアドバイスが聞けるのは良い。
その代わりUMDの読み込みが多少気になるかな?
フリーズはまだありません

☆協力プレイが面白い!
フォーメーション組んで突撃したり、ひとりでは上れない所が上れたり、持てる武器に限りがあるのでスナイパーなど仲間内で役割を分担したりなど楽しめる要素がたくさんあります。
また、育てた兵士を交換したり戦わせたりもできます。
今作は一人でも多人数でも楽しめる仕様になってます。

◆アマゾン新着ゲーム

4523310503_27f4cc9746.jpg metal-gear-solid-peace-walker-trailerhgf.jpg
Metal-Gear-Solid-Peace-Walker.jpg metal-gear-solid-peace-walker-20090820035408531_640w.jpg

youtubeでのプレイ動画

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER攻略サイト

モンスターハンターポータブル 3rd
screenshot_3.jpg
発売日 2010年12月1日

国内累計出荷400万本以上のモンスターハンターポータブルシリーズ最新作!

フィールド、モンスター、装備あらたに登場!
シリーズ初登場の「渓流」は美しく、壮大なフィールドで狩りがはじまる!


ハンターの狩猟生活には欠かせない装備品。
MHPシリーズ初登場の変形武器「スラッシュアックス」や「弓」「双剣」「ガンランス」「狩猟笛」など
全12種の武器を使いこなせ!

すべてがパワーアップした相棒オトモアイルー!紅葉や温泉が特徴の「ユクモ村」で狩猟生活をスタート。
1人プレイ時は、最大2匹のオトモをクエストに連れていける。
支援重視のオトモだけにするか、攻撃重視と支援重視のオトモでバランスをとるか、様々な能力を持つオトモアイルーと協力して狩りに行こう!

雇ったオトモのトレーニングを農場で行ったり、オトモを編成してニャンタークエスターへ出発させるなど様々な新要素でお気に入りのオトモアイルーにしよう!

通信プレイ、ギルドカード交換などコミュニケーション要素が充実!
通信プレイを使い最大4人でクエストを楽しめる。
また、2人プレイ時はそれぞれ1匹のオトモアイルーを連れていくことができ、コミュニケーションの要素もますます充実。
さらに、ハンターとしての証「ギルドカード」やお気に入りのオトモ配信などで、狩友の輪を広げよう。

【amazonレビュー】
☆安定感のある続編

P2Gしかプレイしたことないからかもしれませんが、私にとっては新鮮に感じられました
武器やモンスターのモーションはWii版の3を基準にしているようなので、3プレイ済みの方にとってはあまり変わっていないと感じるかもしれませんが・・・

しかし多くの新モンスターが登場したり、オトモアイルーの装備を変更できるようになったり、武器の種類がシリーズ最多であったり、フィールドの採取ポイントなどでアイコンがつくようになって初心者にも遊びやすくなったりと、確実に進化していると思います

また、これはWiiの3でもあったのかもしれませんが、装備スキルや猫のスキル(ドリンクスキル)の効果を確認できるようになりました
2Gではスキル名が表示されていただけで、そのスキルがどんな効果なのか分からなかったのですが、今回は簡単な説明が表示されるようになっています。さらに装備スキルに関しては、スキル発動のために要するスキルポイントも簡単に確認できるようになっています
攻略サイトを開く手間も省けますし、このシステムは個人的に特にありがたいと感じました

クエストをクリアしたと思ってホッとしたのもつかの間、突然強力モンスターが出現する「乱入クエスト」も好印象でした。腕に自信のない方は素直に撤退してもデメリットはないし、モンハン上級者の方にとっては挑戦してより緊張感を味わえるのではないかと思います

2Gとは違いG級クエストはないので、純粋に難しい多くのクエストを望んでる方にとっては物足りないかもしれませんが、温泉クエストやオトモアイルーシステムの強化等から、一概にボリュームが減ったとは言えません。縦ではなく横にボリュームが増えた、といった感じでしょうか

「和」を強調したユクモ村も、雰囲気が出ててすごく好きですね。新しいフィールドの景色もとても綺麗です。ゲームシステムだけでなく、このような世界観も非常に丁寧に作られていると思います

私は新鮮味があると言いましたが「今までのシリーズとあまり変化がない」という意見もあります。開発者の方々は今までのシリーズから大きくシステムを変えないように意図して作ったらしいので、人によって変化が少ないと感じるのは当然と言えば当然かもしれません
今作はモンハンの基本的なおもしろさを素直に引き継ぎ、純粋にシステムのパワーアップを目指したゲームと言えるでしょう。ですので、大きな変化はなくとも今まで通りのしっかりとした安定感、おもしろさは保障できると思います

まだ村クエストの☆3までしかやってないのであまり参考にならなかったかもしれませんが、一通りプレイしたらまた追記していきます

追記:ようやく集会所の上位の中盤までプレイしたので、気になった点を追記していきます。少々細かい内容になるので、モンハン未経験者の方は下記の「モンハン未経験者の方へ・・・」の項目まで読み飛ばすことを推奨します

●難易度について

他の方もおっしゃっているように、今作は前作に比べて村クエストの難易度が下がったように感じました
私なりにこの理由について考えてみましたが、以下の4点が主な原因ではないかと思います

 ・オトモアイルーを2匹連れて行けるため、プレイヤーが狙われる可能性が前作よりさらに低くなった(2匹とも回復笛の術などを覚えさせておけば、発動確率も単純計算で2倍になる)

 ・武器にもよるが、アクションが増えてより有利な立ち回りができるようになった(私は太刀を使ってますが、横移動斬りができるようになってかなり戦いやすくなりました)

 ・モンスターの攻撃の当たり判定が少し狭くなった(というより、理不尽な当たり判定が修正された)

 ・モンスターがスタミナ切れを起こすようになり、こちらの攻撃チャンスが増えた(Wiiの3でもあったシステムですが、3未プレイの方にとってはかなり攻撃チャンスが増えたと感じるかと)

単純にモンスターの攻撃力や体力などの数値的な面で前作より低くなっているだけかもしれませんが、これらのことが少なからず影響しているのではないでしょうか

村クエストについては、経験者の方にとっては簡単すぎると感じるかもしれません。しかし初めてモンハンに触れる方にとっては敷居が低くなって、よりモンハンの世界に入り込みやすくなったと思います
それに、集会所のクエストはやはり歯ごたえがあると感じました。集会所でしか登場しない強力なモンスターも多いので、経験者の方でも集会所のクエスト、特に上位をソロでクリアするのは簡単ではないと思います。特にキークエスト以外のクエスト(大連続狩猟など)はキークエストに比べて難易度が高いものが多いです
また、今作はダウンロードクエストが豊富なようです。2Gのダウンロードクエストは難易度が高いものが多かったので、今作でも高難易度のクエストを期待できるのではないでしょうか

●モンスターのモーションや演出について

ティガレックス、ナルガクルガなど、Wiiの3には出ていないが2Gには登場しているモンスターについても、新たな攻撃モーションが追加されています。もちろんスタミナが切れた時のモーションも追加されています
さらに今作で登場するモンスターのほとんどに亜種が存在し、それぞれに新しい攻撃モーションが追加されています。戦いなれたモンスターでも、亜種になるとこちらの立ち回りも変わってくることが多いので、また新しい気持ちで戦えるのが良いと思いましたね

また、フィールドの岩などのオブジェがモンスターの攻撃によって破壊される、スタミナ切れを起こしたモンスターが、草食モンスターを狩って捕食するなど、よりリアルにモンハンの世界が表現されているのはすごいと思いました
初めて戦うモンスターが登場する際のムービーも、戦う前の緊張感を高めてくれて良い感じです。前作でも良かったのですが、画質が上がったこともあってさらに良くなったと感じました

●農場、オトモアイルーについて

農場が前作よりも広くなって、各施設を回るのに少し時間がかかってしまうのが気になりました。一部施設は農場入口でも利用できるようになっていますが、全て回るとなるとあまり意味はありません。ただ、あくまで2Gと比較して時間がかかると感じただけで、個人的には許容範囲です
また、農場にはオトモアイルーを必要とする施設が多いです。まだ詳しくは分かりませんが、オトモアイルーの数やレベルによって、入手できるアイテムが変化する施設もあるようです
オトモアイルーを雇って育てる方にとっては特に問題はないのですが、「オトモアイルーには頼らない、完全にソロでクリアしていきたい!」という方にとっては農場の施設の利用がかなり制限されてしまうので、無理にオトモに頼るシステムにしなくてもよかったのではと思いました

遊ぶほどに気になってくる点もありますが、やはり総じて完成度が高くまとまっていると感じました。初心者から上級者まで満足できるゲームを目指しているという、開発者の方々の意気込みが感じられました

モンハン未経験者の方へ・・・

このゲームは非常に好みが分かれるゲームです
RPGのようなストーリー性はほとんどありません
素材を集め、武器や防具を作り、モンスターを倒す。倒したモンスターから素材をはぎ取って、新たな武具を作ってより強大なモンスターへ挑戦・・・大まかにいえばこの繰り返しのゲームです

人によってはこれをつまらない作業と感じたり、モンスターを倒せず難しいと感じてやる気がなくなる方もいるでしょう
よって、売れているからといって何も考えず購入するのは避けた方が良いです。特に感動的なストーリーを求めている方、アクションゲームが苦手な方は注意しましょう

ただ、複数人での協力プレイができるので、アクションが苦手でも友達と一緒にプレイすれば十分楽しめると思います

また、どうしてもあのモンスターが倒せない!と投げてしまいそうになることもありますが、「あの装備があれば倒せるのではないか?」「落とし穴などの罠アイテムを使えば有利に戦えるのではないか?」など、いろいろ戦略を練ってからもう一度挑んでみると、意外に簡単に倒せることもあります
なかなか倒せなかったモンスターを倒せた時の達成感はとても大きいです。通信プレイがウリのゲームですが、この「達成感」は一人プレイ時の方が断然大きいですね。一人では楽しめない、またはクリアできないゲームかというとそんなことは全然ありません

「売れている」ということは「それだけ楽しいと感じている人がいる」ということです。一度ハマれば時間を忘れてすごく楽しくプレイできます
今作は初心者にも遊びやすいよう工夫されてあり、今までのシリーズに比べて敷居も低めです
アクションゲームが好きな方、通信プレイできる友人がいる方は、ぜひ購入をおすすめします

◆アマゾン新着ゲーム

mhp3_gf.jpg kkkkkkhgf.jpg
capcom_mhp302.jpg ss_l4fnd.jpg

youtubeでのプレイ動画

モンスターハンターポータブル 3rd攻略サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。