FC2ブログ
PS3・DS・ファミコン・オンラインゲーム・アプリなどテレビゲームの攻略・商品紹介をしていきます。
テイルズ オブ ヴェスペリア
07af93c57e5d25a4563d4d13b2f97b57.jpg
発売日 PS3:2009年9月17日
売上本数 Xbox 360:17万本
      PS3:40.7万本


本作は、「正義」を貫き通すことの大切さを題材にしたストーリーや、シリーズで好評の戦闘システムに独自のシステムを採用した爽快感溢れるバトルは踏襲しつつ、イベントムービー、シナリオはシリーズ最大のボリュームがあります。

本作では、メインシナリオはフルヴォイスとなり、イベントシーンやサブシナリオも追加。さらに藤島康介氏が描く新キャラクターも登場することで物語に深みと広がりが増し、スケール感溢れる作品に仕上がってます。

万物を構成する源エアルとそのエアルを糧に作動する魔導器(ブラスティア)によって支えられる世界テルカ・リュミレース。人々は都市を巨大な結界で包むことで、魔物から護られ安全に暮らしていた。

世界を統治するたったひとつの帝国は、旧文明の遺産である魔導器を厳しい統制下に置いたため、時と共にその恩恵は一部の人々に偏っていった。これに反発した貧しい人々は権利を求めて互助組織ギルドを設立、衝突と和解の歴史を経て、双方が絡み合った複雑な社会が形成されるに至った。

十年前には魔物が大挙して押し寄せた人魔戦争があり、また先の皇帝崩御後、帝国では空位状態が続いてはいたが、世界は概ね平和に見えた──


■フレンの活躍シーンがパワーアップ
オリジナル版では登場シーンが限られていましたが、PS3版では、フレンがパーティメンバーとして活躍する場面がパワーアップします。さらに、戦闘に参加しプレイアブルキャラとしても使用できます。

■ボスキャラ
一部のサブイベントでは、パーティメンバーのシナリオに沿った形で新たに強力なボスキャラが登場します。プロモーションビデオでも激闘の様子が確認できるのでチェックしてみよう。

■アニメーションムービー変更
プロダクション I.GによるフルHDのアニメムービーシーンにも、各所に新キャラクター“パティ”が登場します。

■ギガントモンスター追加
通常の敵より遥かに巨大で強いため、戦うためには十分な準備が必要なギガントモンスターに新しい敵が追加されました



【amazonレビュー】
☆ドラクエ世代
自分は25年くらい前のドラクエ世代、気軽にRPGを楽しみたい、ゆるゲーマーです。

現在に至るまでちょこちょこと、あの頃のRPGを想いながら、つまみ食いをしてきましたが、どれもこれも、いろんな要素が増えて、食わず嫌い、食傷気味で、ゲームスタート序盤つまずくと放棄、そんな感じでした。

プレステ3のユーザーになり2年目、テイルズに出会いました。サクサクと進むストーリー、この先の展開など、学校が終わり、急いで帰宅してドラクエ、あの時代を想い出されます。

ボスクラスとの戦いでは、全滅しようとも、必ずレベルアップ出来る親切要素もあり、好感が持てます。まだゲーム序盤ですが、毎日が楽しみです。あの頃のドラクエのように。


☆面白いですよ
皆さんが書いている通りはっきり言ってストーリーは惜しいです。特に後半はもう少し練り込みようはあったと思います。

合成の関係でいらない武器も売るタイミングに少々困って終盤まで貯まりまくってました。
でも戦闘+α要素でそれを補い余るほど楽しめました。サブイベントはコレでもかってほど有りまくりです。
映像にばかりこだわるRPGにうんざり気味の人にオススメします。

あと続編が作り易い終わり方になっているので個人的には成長したカロル先生を主役にしてナンをヒロインにした続編なんかが出来てくれたら面白いかなぁと思ったりします。

◆アマゾン新着ゲーム

tov_02s.jpg 200908312350027fc.jpg
tov-ps3-1.jpg tov_10.jpg




youtubeでのプレイ動画

テイルズ オブ ヴェスペリア攻略サイト


スポンサーサイト