FC2ブログ
PS3・DS・ファミコン・オンラインゲーム・アプリなどテレビゲームの攻略・商品紹介をしていきます。
ダンボール戦機W
4571237660375.jpg
発売日 2012年10月18日

オリジナルの機体を作ることの出来るゲーム性と、迫力のあるのバトルがシンプルな操作で楽しめるアクション性により、プラモクラフトRPGという独自のジャンルを築き上げた『ダンボール戦機』の登場です!

■PSP®とPS Vitaでの通信プレイが可能!! 
『ダンボール戦機W』は、PSP®とPS Vitaのマルチプラットフォームで発売されるのだが、PSP®とPS Vitaの間でも通信対戦や協力プレイを行うことが可能です。また、アドホック・パーティーにも対応で、近場でも離れていても、機種の違いも気にせずに全国のプレイヤーと通信プレイできます。

通信対戦は最大6人で、ランキングバトルでは3人協力プレイが可能!ランクを上げていくことで巨大マシン“キラードロイド”が出現するようになっておりバトルを楽しめる。

■バトルの迫力もさらにパワーアップ!
ソードやレイピア、ハンマーといった多種多様な武器と、ソード/レイピアの二刀流、片手銃の二丁拳銃というスタイルは健在。
二刀流時は左右に違う武器を持てるようになっており、二丁拳銃ではマシンガンタイプの武器も装備可能になっているなど、装備、戦闘の幅が広がっているのも特徴です。

他には、新アクションが大量に追加されており“飛行形態に変形する”といった、これまでにない新しい戦い方も可能。戦闘中にたまるチャンスゲージを使用した“必殺ファンクション”も多数追加されており、よりエキサイティングなバトルを味わうことができる。

■7,000種類を超えるパーツが登場! 
LBXは頭・胴・右腕・左腕・脚と、5カ所のパーツをプレイヤーが自由に組み替えることができる。過去の作品に登場したLBXはもちろん、TVアニメで活躍中の機体やゲームにしか登場しないLBXも追加されており、パーツの総数はなんと7,000種類以上! 
パーツの一部の色を塗り替えられるカラー変更機能も搭載されており、LBXのビジュアル、性能ともに非常に自由度の高いカスタマイズが可能に。自分だけのLBXを作り出すことができる。

今作ではLBXだけでなく、キャラクターのレベルを上げることで“スキル”を習得させることができる。スキルにはクリティカルの発生率を上昇させたり、受けるダメージを減らしたりという効果がある。自分の戦闘スタイルにあったスキルを覚えて、戦いで優位に立とう。

【amazonレビュー】
☆子供は夢中でやってますよ
息子はダンボール戦機ブーストからのデビューとなりますが、DS爆ブーストとストーリーも裏ランキングもすべて最後まで制覇していましたが、息子は現在放映しているダンボール戦機WとのLBXとの時間のズレ、新しいLBXの登場数の少なさを不満に感じていたようで、今回のソフトも登場するLBXの数も前回、前々回と同様に次回作の為に新しいLBXは少ないと思いあまり期待はありませんでしたが、発売日にソフトを購入して子供がプレイしてから4~5時間ほどで子供がいきなり今回のメチャクチャ面白って言いだしました。

大人から見るとたいして変わり映えのしないソフト内容に感じますがあくまでも小学2~3年生のゲームを感覚でしか操作できない子供達の年齢からモンハン3などのゲームをする大人までの幅広い年齢をカバーしなければならないゲームとしては製作サイドのゲーム構成は正解なのかなと思いました。なにより購入した親の気持ちとして子供が満足してプレイできている事はとても嬉しいですし、購入して良かったと思っています。

c20120810_danbo_005_cs1w1_480x272.jpg 246876.jpg
img_380928_12924334_0.jpg c_s1339779844_20.jpg

youtubeでのプレイ動画

ダンボール戦機W攻略サイト


ULTIMATE HITS KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX
51bRy96QFcL.jpg
発売日 2012年12月6日

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナル ミックス』は、『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』の北米版を元に、様々な新要素を加えたリニューアル版です。
本作から新たに追加されるものも収録。「キングダム ハーツ」シリーズファン、ディズニーファン共に楽しめる充実の内容となっています。

ゲーム中の様々な条件を満たす事でオープンされる「シークレットエピソード」も新たに登場。
物語の惹かれるエピソードをお楽しみください!

【システム】
物語の主人公は、数々のディズニー作品の世界を冒険し、壮大な物語を繰り広げます。
今作は3人の主人公が存在するため、3つの戦い、3つの物語をプレイすることが可能です。全ての物語をクリアすることで、さまざまな謎が解明されていきます。

バトルは、従来の「コマンド」システムが飛躍的に進化し、簡単な操作で更なる爽快感が得られるようになりました。ボタン1つで百数種類もの魔法や技を発動できる「デッキコマンド」をはじめ、戦い方によってバトルのスタイルが自動的に変化する「コマンドスタイルの変化」など、さまざまな要素が楽しめます。

その他にも複数の敵を一掃する必殺技や、ディズニーキャラクターの力をかりた特殊技など、プレイスタイルは無限大。また3人で行う協力バトルをはじめ、通信機能を使用したコンテンツも充実。ボタンを連打するだけでも、戦略的なプレイスタイルでも、爽快感はシリーズ最高クラスです。

物語とプレイ感覚の違う3人の主人公。ゲーム3本分の楽しさが味わえる今作に是非ご期待ください!

【amazonレビュー】
☆BbSプレイ済ですが購入
攻略ポイントはほぼ同じ。
北米版が欲しいけど・・・と思っていたところに発売の発表があったので、待って購入しました。
旧作からの追加要素は英語音声以外はオマケ程度と考えて良いと思います。
追加シークレット以外、ストーリーに大きな変更があるわけではないので、ファイナルミックスがやりたい、もしくは初プレイの方以外は特に買う必要はないでしょう。
クリアするための作業は同じなので、「新しさ」はあまりありません。

戦闘時やフィールド徘徊時に変わったのでは?気になるところは、
メガフレアのリロードスピードが遅くなった
早く泳げる(ネバーランドとモンストロ戦くらいでしょうが・・・)

あとは細かいですが、ソニックレイヴやラストアルカナムのような敵単体を対象とするような多段攻撃のコマンド技が、旧作では対象を攻撃中に倒してしまったら中断されたような気がしますが、今回は中断されず、近くに別の敵がいれば自動的にその敵に矛先を変更して続けて攻撃してくれます。

クリティカルでまだ2人クリアですが参考程度に・・・

☆自分としては
DS二作品をプレイ&クリアし、ついこの前PSPを買って今作を買いクリアしたのでレビューしてみます。

まず眼がいったのはやっぱりKH(キンハー)ならではの美麗なグラフィック。
PSPの特徴の一つである画質の良さを、存分に生かしきれている印象です。
特に派手なコマンドを使ったときの、溢れ出すオーラや飛び散る火花等のエフェクトは、 とても綺麗で、戦闘で一種の芸術的作品が出来ちゃうんじゃないかと思うほどです。

操作については、Re:coded同様、通常攻撃は○、特殊やアイテムは△等、単純と言えば聞こえは悪いですが、かなり分かりやすく、すぐに慣れる形でかなり好印象です。

クリア後のやり込み要素も、
超強力な隠しボスがいたり、
隠しシナリオを解禁するためのアイテム収集も、普通にゲームを進めていて殆ど集まるのでストレスを感じず、
その隠しシナリオも、シリーズを通しての核心にあたるモノなので、
個人的に非常に満足です。

ただ、たった一つの難点としては、 物語を盛り上げるボイスでしょうか。
かなり個人的な事になりますが、できれば英語か日本語か最初で決められれば良いな~と思いました。
英語も、声優の方々が盛り上げてくれるのですが、 英語の耐性が無い自分としては、日本語でやってみたいなと思いました。
…その難点もシアターモードで半分無くなりましたが。

難易度設定も最初に四段階の中から確定する事が出来、
ゲームなんて初めて!という方から、
一発即死の死にゲーなんて俺にとっちゃあ栄養分さぁ!(?)という方まで、
楽しめる様になってます。

シリーズ内の時間軸としては最古を辿っているので、 KHが前々から気になっていたという人は、 試しに買ってみて損する事は無いと思います。

◆アマゾン新着ゲーム

frmbuf010-1.jpg 20101129_1393290.jpg
225px-Kingdom_Hearts_Birth_by_Sleep_Gameplay.jpg yuythfdfnty.jpg

youtubeでのプレイ動画


ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け
002nbv.jpg
発売日 2012年12月20日

漫画はもちろんアニメや映画まで、国民的大人気を誇る『ONE PIECE』がPSPに登場!

本作には、ルフィやゾロといった“麦わらの一味”はもちろん、“百計”のクロや“ノコギリ”のアーロンといった強敵たちも登場! ルフィが育ったフーシャ村や、砂漠の国アラバスタなど、作中で訪れた場所は3Dで表現され、冒険することができる。

■戦略性の高いアクティブターン制のコマンドバトル
 3Dで表現されたマップでは、移動中に敵と遭遇することも。バトルはアクティブターン制となっており、戦況の変化に応じて攻撃方法を選ぶ“グランドタクティカルバトル”を採用している。パンチやキック、必殺技などでコンボを組み立てて、立ちはだかる敵をぶっ飛ばせ!

2345yuyhtgd.jpg
▲画面中央にコマンドが表示される。行動を選んでから戦闘になるので、アクションが苦手な人でも安心だ。

hjytjthjr.jpg
▲ボスバトル中には、会話やカットインイベントも発生する。漫画やアニメで展開したバトル中の名会話も再現!

【amazonレビュー】
☆微妙…
プレイし始めて最初は「お!結構面白い!」と思ったが
進めていくうちにフィールドのあまりのだだっ広さに苛立ちを感じ始める

最初のサブイベント?で訪れる海軍基地と森林の変わり映えのしないだだっ広いマップの構造
出現する敵もワンパターン、マップ上に不自然に配置している中身が空っぽの木箱やタル
移動速度も遅いので余計苦痛に感じる

他のレビューでも叩かれている紙芝居の方は別に気にはならなかった
それよりもフィールドのだだっ広さが辛い・・・

☆面白くはない
とりあえず、操作性が悪い 進めてレベルが上がってくと少しは楽しめる だけど、ちょくちょく入ってくる紙芝居てきなのがダルくてめんどい 5000円ほどの価値があるのか悩ましい

◆アマゾン新着ゲーム

034vxx.jpg 315981.jpg

youtubeでのプレイ動画

ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け攻略サイト


デジモンアドベンチャー
resize_image.jpg
発売日 2013年1月17日

異世界“デジモンワールド”に迷い込んだ少年少女たちが、そこで出会ったデジモンと協力しながら冒険する物語が描かれる!

さらに、劇場版シナリオやオリジナルシナリオの収録、アニメ15周年記念デジモンの登場、多数のミニゲームなど、やり込み要素も多数盛り込まれている。


digimon_01.png
▲冒険はエピソード選択し進めて行く。各エピソードはアニメの内容が再現されており、冒険を進めることで『デジモンアドベンチャー』の物語を追体験できる。

digimon_03.png
▲選択肢によってその後の展開が変化したり、歴代デジモンが集結するオリジナルシナリオがあったりと、本作オリジナルの要素も盛りだくさん!

■なつかしのキャラクターたちが総出演! あの感動の物語がよみがえる!! 
サマーキャンプに来ていた7人の少年少女たち。彼らはオーロラから飛来した謎の機械の力で異世界“デジモンワールド”に吸い込まれてしまう! 謎と危険に満ちた世界で彼らを待っていたのは、奇妙な生物“デジタルモンスター”だった! 


■本格的なRPGとしても楽しめる! デジモンを育成し、デジタルダンジョンに挑め!! 
本格的な育成システムも、本作の大きな魅力。“スキルパネル”と呼ばれるボードにパラメータ強化やスキル習得などの効果を持つデジピースをはめ込むことで、デジモンの能力を強化できる“デジピース”システムが搭載されている。どんなピースをはめ込むかによって、攻撃力に特化させたり、バランスよく能力を伸ばしたり、多数のスキルを持たせたりと、ある程度自由にデジモンの能力をカスタマイズ可能だ。

デジピースは、敵が落とす素材などを合成することで作れる。中にはレシピを入手しないと合成できない、強力かつ特殊なデジピースも存在する。

カスタマイズしたデジモンたちとともにデジタルダンジョンに挑もう。歴代キャラや15周年記念オリジナルデジモンなどが登場するダンジョンも存在!

【amazonレビュー】
☆これはTVアニメ「デジモンアドベンチャー」を再現したゲームである
まずこのゲームはデジモンワールドやデジモンストーリー等
過去の自由にデジモンを育てるゲームとは違い、
子供とデジモンをペアで1キャラとしたドラクエ等のRPGゲームに近いです。
なので 俺はこのデジモンを育てたいんだ というデジモンファン向きではなく、
あくまでTVアニメ「デジモンアドベンチャー」のファン向きのゲームだと思います。

ここからゲーム内容の評価ですが、
会話シーンはフルボイスではないものの大体ボイス付きです。
戦闘中も味方のデジモンはしゃべってくれます。
アニメでなかったゲーム用の技までしゃべったり掛け声等が収録さあれていて、
攻撃したり勝利した時にしゃべってくれるのはなかなかうれしいです。

またキャラの何人かは声優さんがかわっています。
メインキャラの中では高石タケルが変わっているのですが、
何か違うとは思ったもののタケルらしさは感じたので、
個人的には気になりませんでした。

ストーリーは原作を基本的にそっていて、アニメのOPや進化ムービーが流れたり、
ボス戦ではBrave Heartが流れる等の再現がされています。
またゲームオリジナルのストーリー(こちらもボイス付き)もあり
なつかしさを感じながらも新たに楽しめると思います。
あと一度見たムービーはライブラリからいつでも見ることができ、
OPや進化も何度でも見ることができます。

キャラの強化はデジピースというhp+50等の
いわゆるスキルをスロットにはめ込むものと、進化があります。
戦闘中に進化すると能力が上がり技が変化して強化されます。
アニメではアグモンとガブモンしか一番強い究極体に進化できませんでしたが、
このゲームでは条件を満たす事で、
他の6体のデジモンも究極体に進化することができます。(進化ムービー付き)

グラフィックはあまりきれいとはいえませんが面白さを損なうほどではなく、
アニメのほとんどのデジモンがいて、戦闘中は大きさまで再現されています。
(同じ完全体でも、あまり大きくないワーガルルモンと巨大なガルダモン等)

ロードは戦闘前などが少し長いですがメディアインストールをすれば
耐えられないほどではないと思います。

万人にオススメできるゲームというよりは、
当時の「デジモンアドベンチャー」のファンにおくる
十数年越しのゲーム化だと思いました。
当時大好きだった方なら懐かしさと楽しさを味わえるオススメのゲームだと思います。
ファンとして甘めの採点になってしまったとは思いますが
参考になればと思います

☆個人での感想
グラフィックで多少の違和感はやはり感じられますが、
当時見てた方々にとっては、「懐かしい」とか「こんなのあったな」と、
アニメ観てるように感じながらプレイできます。
カットされてるシーンは勿論ありますが、
重要なシーンや記憶に残るシーン等はしっかり収録されてます。
また、音声などもフルボイスではない物の、殆ど収録されてます。
ゲーム公式HPにも記載ありますが、追加シナリオとして
アニメで放送してない部分がゲームとしてプレイできますので、
ここも評価できる部分ではあると思います。

システム面ですが、バランスは良く出来上がっています。
テンポ良く戦闘が行われるのでストレスも溜まりません。
ゲーム難易度としては少し簡単とは思いましたが、
まだ序盤で今後のボスを考慮すると丁度いいくらいだとは思います。

・気にかかった点
'1.調べてみると分かりますが、高石タケルをやられている声優がアニメと違います
 その為、アニメそのままだと思って購入すると違和感を感じます。
'2.分かる人にしか分かりませんが、ゲーム公式HPに公開されていた
 紹介動画でPS版デジモンワールドのBGMが流れています。
 現在ゲーム進行上、そのBGMが流れません(序盤なので今後分かりませんが
'3.仕方のない事ですが、ゲームとしてやる事はRPGなので単調そのものです。
 ストーリー進行させて敵倒すだけなので作業的になる部分は勿論あります。

RPGとしての完成度やゲームシステムの完成度は決して低くありません。
ですが高いと感じる部分が無いのも事実です。
アニメを観てた方でファンディスクとして買われる場合
昔を懐かしみながら暇つぶしにゲームをされる場合に対しての購入であれば
損をしたという気にはならないゲームだとは思います。
あとは個人での主観になりますので実際プレイしてみて下さい。
"自分"はカスタマーレビュー★1が気に入らなかったので
自分で買ってプレイした上で感想を述べました

◆アマゾン新着ゲーム

MTKMjjE1k_qHQC0xmbs.jpg c20121015_degi_017_cs1w1_480x272.jpg

youtubeでのプレイ動画

デジモンアドベンチャー攻略サイト


FINAL FANTASY 零式
PSP-Final_Fantasy_Type-0-jpn.jpg
発売日 2011年10月27日

クリスタルをめぐる熾烈な戦争に投入された若き戦士たちの物語

■戦闘
本作の戦闘は、操作するキャラクター個々の武器を使用し、魔法や固有アビリティを駆使して敵と戦うアクション性の高いものです。
「戦争に勝つ」為に、強力な敵の司令官を先に倒して敵を降服させるなど戦略的な要素も存在します。
そのため、戦闘に参加させるキャラクターを選択する際、相手や戦況、シチュエーションなどを考えることも重要となります。

■魔法
魔法には炎、氷、雷といった「属性」があり、敵の弱点を見極めて使い分ければ大きなダメージを与えることができます。また、魔法には発動仕様を表す「系統」が存在します。
系統は銃火器の種類のようなもので、前方に拡散するショットガンタイプや、遠距離を狙い撃つライフルタイプなど様々です。
魔法は詠唱時間(ボタンを押している時間の長さ)で強化することができます。
ファイア→ファイラ→ファイガと段階的に強化され、威力や性能が変化します。FFシリーズでおなじみの補助魔法も存在し、防御力をあげる「プロテス」、魔法障壁で敵の攻撃を防ぐ「ウォール」などで戦闘を有利に進めることができます。

■アビリティ
各キャラクターは固有の武器を持っており、剣や槍、格闘などの近距離タイプから、銃や弓などの遠距離攻撃タイプまで個性豊か。
さらにそれぞれが多彩なアビリティを持っているので、どのキャラクターも異なる触り心地でアクションを楽しむことができます。

■召喚獣
強敵に遭遇した時や、難易度の高い任務を遂行する際に、不可欠となるのが召喚獣です。
本作で「軍神」と呼ばれる召喚獣は、操作キャラクターの命を犠牲にして召喚することができ、一定時間操作することができます。
召喚獣は非常に強力で頼れる存在ですが、犠牲を伴うため、使いどころを慎重に考える必要があります。

■アクティブワールドマップ
本作では、徒歩や飛空艇などでオリエンスを自由に移動することができます。
敵とのエンカウントバトルや、点在する街での情報収集、ダンジョンの探索など様々な要因を体験することができます。
また、ミッションの中には占拠された街を解放するものや、ワールドマップ上で敵軍と自軍が交戦している中に介入するものも存在します。
刻々と変化する戦況に応じた任務を遂行しながら、ワールドマップ上の兵器や敵兵を撃破し、時には敵に占拠された街を解放しながら戦いを勝利に導きます。

■キルサイト
敵が攻撃態勢に入るなどして隙ができるとサイトが表示されます。
サイトが赤い場合、出現の瞬間に攻撃を加えることで、敵を即死させることが可能です。
サイトが黄色の場合は大ダメージを与えることができます。
ただし、どちらもタイミングが外れると、相手からの猛攻を受ける可能性が高くなります。

【amazonレビュー】
☆新参ですが面白かった
一週目クリアしたので感想をば。

・グラフィックがとても綺麗でした。特にムービーが綺麗で思わず感嘆してしまいました。流石です。

・操作キャラは、一人ひとりがしっかりとした個性を持っています。14人も操作できるので、きっとお気に入りのキャラができると思います。(女性陣も男性陣も素敵な子ばかりでした)

・ffは初めてなので、操作は難しいかなと不安でしたが、慣れると楽しいです。アクション苦手な自分でも二章目からはスムーズにプレイができました。

・ストーリがなかなか良かった、これに尽きます。最初は「えっ、なにこれ」「どうしよう」な感じでしたが、プレイするうちに「もっと知りたい」とのめり込んでいきました。そうなるとラストまで全速力です。

・皆さんが書いていらっしゃる通り、周回プレイ前提です。が、「やらされる」のではなく「やりたい」「知りたい」気持ちでプレイできます。(焦らしが上手い。)

・ちょっと気になったのは、ロードが長かったことぐらいです。

・このゲームに出会えて本当に良かった。続編出たら絶対に買います

☆10時間プレイして
シナリオは個人の好みがありますしまだまだ序盤なので省きます。

良かった点
・14キャラのアクションがそれぞれ違うので好きなもの選択できる、又わりとすぐに全キャラ使用可能になる。
 個人的にはキャラを選ぶというよりモンハンで言う武器を選ぶ感覚に近いです。
・グラフィックは大勢方がおっしゃる通りPSPの中では綺麗。
・かなり広いワールドマップと依頼や秘境などのやり込み要素。
 最近のFFの中では自由度は高い方だと思われます。
悪かった点
システム面でかなり不満、めんどくさいと思ってしまう点が多々あったので特に思ったものをピックアップします。
・自由時間のシステム
 零式では基本的に作戦(ストーリー)→自由時間→作戦・・・とローテンションを繰り返すのですが自由時間にイベントを捜すために
 毎回学園全体をまわるのは折角スピーディーなアクションで面白いと思ってた所に水を指される感じがしました。
・ワールドマップでの装備、アビリティ変更が不可能。
 戦闘中はあえてかもしれませんがワールドマップでは戦闘毎に自動回復なので出来てもいいのでは思います。

上記以外にも良い所、悪い所ありますがそこそこ楽しめる感じに仕上がってると思います。

◆アマゾン新着ゲーム

FINAL_FANTASY_TYPE-0_code_Fast_Cast_01.png 4567.jpg
51HPZHN84BL.jpg FINAL_FANTASY_TYPE-0_code_Guest_Magic_useable_02.png

youtubeでのプレイ動画

FINAL FANTASY 零式攻略サイト